【WTO】日本は韓国の候補を支持しないことにしました

2020年10月26日

日本政府は韓国の候補者とナイジェリアの候補者の2人に絞られた世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙で、ナイジェリアの候補を推す方針を固めました。
韓国は日本が韓国にたいして輸出規制を強化していることを不当だとしてWTOに訴えていて、もしも韓国の候補者が当選した場合、紛争解決手続きをするWTOのボスが韓国人になってしまったら公平にみてもらえないのではないかと判断したようです。

最終候補者は、韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長と、ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相です。

韓国