菅首相の温暖化ガス『ゼロ』宣言で強調された『原発』

2020年10月27日

菅総理大臣の所信表明(これからどうやっていくかと、がんばっていきますよ! と意気込みを語る)演説で語られていた「2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする脱炭素社会の実現を目指す」という発言について、国連の事務総長が「極めて重要で前向きな動きだ」と評価する声明を出すなど、国際社会からも好意的に受け止められているようです。

 

しかし、原子力発電所の再稼働に反対する人たちは、演説の「安全最優先で原子力政策を進める」という部分に「全面中止しないのか!?」と危機感を感じているようです。

環境問題原発