2021年1月15日

【コロナ】政府が飲食店の時短要請支援に1兆円出します。

政府は14日、新型コロナウイルス対策として営業時間短縮をしてくれる飲食店に協力金を安定して出せるようにするために、財源として地方創生臨時交付金の「協力要請推進枠」を現在の2669億円から約7400億円増額することを閣議決定します。

 

すごい!
一気に4倍になってるー

うーちゃん考える女の子のイラスト

先生説明する先生のイラスト

このお金は2020年度予算の予備費、つまり去年の残りから出しているんですよ。
何かあったときに、あたらしく補正予算を組むよりはやくお金を出せるので、現在みたいにこの先どうなるかわからない問題があるときは予備費を多くしておくと便利なんですよね

でもつかわずにあまったお金ってどうなるの?

うーちゃん考える女の子のイラスト

先生説明する先生のイラスト

何かしら理由をつけて使ってしまうことも多いですね。
予備費は国会であまり話し合わずに政府が使いやすい予算ですから。
なんにもない年は残った予備費が最終的に何に使われたのかという視点で、国家予算について見てみると面白いですね

おも…しろ、い??

うーちゃん考える女の子のイラスト