【キャバクラ代は】遠山議員が辞職願いを出しました【政治生命】

2021年2月1日

公明党の遠山議員が議員辞職願いを出しました。

理由はコロナの自粛期間中にキャバクラに行ったことです。

自身の資金管理団体が飲食代を出したのも良くありませんでした。

 

同じ頃に銀座のクラブに行ってバレた自民党の大塚高司衆院議院運営委員会理事と田野瀬太道文部科学副大臣も役職辞任の意向を固めたそうです。

 

国民に見本となる健全なライフスタイルを示すべき国会議員とみて遠山議員を賞賛するべきか、

そんなことでいちいちやめていたら国会議員半分くらいになっちゃうんじゃ…というのもあり、

これで次の国会では「遠山議員が議員辞職なのに自民党の議員は役職辞任ってどういうことだー!」ってコロナそっちのけで荒れたりするかと思うとやりきれないですよね。

 

野党は拡大した銀座クラブ問題を厳しく追及する構え。