【アメリカと合意】米軍駐留費協定を1年延長で決定

2021年2月18日

政府は17日に、2021年以降の在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)についてアメリカとの協議が合意したことを発表しました。これまでの協定内容を1年延長、22年度以降については改めて協議されるそうです。

 

これまでも米軍駐留費は支払われてきたわけですが、今回この話題がずっとニュースになっているのはトランプ前大統領が駐留費の値上げの方針だったからです。

バイデン政権になって方針転換がなされて駐留費の値上げがされなくてよかったです。

ただ駐留費協議と大統領の入れ替わりが重なったためにとりあえず棚上げされただけかもしれず、来年の協議でまた問題があるかも知れません。

国防・安全保障