がん登録推進法成立

がん登録とは、がんの発病や転帰(最終的にどうなったか)を登録・把握し、分析する仕組みです。

がんの患者数や罹患率、生存率、治療効果の把握など、がん対策の基礎となるデータを把握するために必要なものです。がん対策を推進するためには、正確ながんの実態把握が必要であり、その中心的な役割を果たすのが、がん登録です。

このがん登録を推進する法律が『がん登録推進法』です。

がん登録推進法成立の政治家せいじかいちらん

秋野 公造(あきの こうぞう)

比例区ひれいく

約束達成やくそくたっせいメーター

0