特定秘密保護法成立

特定秘密保護法とは、「特定秘密」を保護するための法律です。

「特定秘密」とは、漏洩すると国の安全があぶなくなる情報です。
日本には『スパイ天国』と呼ばれるなど他国や外資企業のスパイ行為に対して対抗する法律がない問題があります。

特定秘密保護法はこの問題の解決のための法律です。

しかしこの法律に反対する声は大きいです。
何を特定秘密にするかは政治家が決めるので、

権力者に都合の悪い情報が隠されるのではないか?
都合の悪い情報を調べた人が逮捕されるのではないか?

という危険性があるからです。

特定秘密保護法成立の政治家せいじかいちらん

佐藤 正久(さとう まさひさ)

比例区ひれいく

約束達成やくそくたっせいメーター

調査中ちょうさちゅうです