関西生コン事件

関西生コン事件とは、セメントやコンクリートをあつかう業界の労働者組合の関西支部の幹部や従業員60名以上が、恐喝や威力業務妨害容疑で逮捕された大きな事件です。

この労働組合のトップの武健一委員長を「大阪のお父ちゃん」と呼び、献金もされていた辻元清美議員が、国会で他党の不正疑惑を追及するときにカウンターで引き合いに出されることがあります。

しかし事件当時関東ではマスコミがほとんど報道しないなど、本当にやばい事件だったようなので、関西生コン事件を引き合いに出す議員の人たちは相当な勇者だといえます。

関西生コン事件の政治家せいじかいちらん

辻元 清美(つじもと きよみ)

大阪府第おおさかふだい10

約束達成やくそくたっせいメーター

0