リクルート事件

リクルート事件は、1988年に発覚した戦後最大ともいわれる贈収賄事件です。
この事件の影響で、当時の竹下登政権が総辞職することになりました。

伊吹文明議員は第2次海部内閣で厚生政務次官就任が内定していましたが、このときリクルート事件に関わっていたために一度取り消されてしまいました。

渡辺喜美議員は父親の秘書をしていた時代、リクルート事件で未公開株譲渡の名義人として5000株を受け取ってしまいました。

「アタシの知らないうちにウチのせがれが5000株もらったばっかりにこっちは総理大臣がパーになっちゃたよ」

とお父さんはのちに語っています

リクルート事件の政治家せいじかいちらん

渡辺 喜美(わたなべ よしみ)

比例区ひれいく

約束達成やくそくたっせいメーター

0

伊吹 文明(いぶき ぶんめい)

京都府第きょうとふだい1

約束達成やくそくたっせいメーター

調査中ちょうさちゅうです