『桜を見る会』問題

「各界で功労・功績のあった方々を慰労する」ために、内閣総理大臣がたくさんの人を招待して行う『桜を見る会 』。
1952年から2019年まで、歴代総理大臣が4月に新宿御苑で開催してきました。

2020年現在、2019年に安倍総理大臣が行った『桜を見る会 』が問題になっています。当初の予算を大幅に上回る支出のあった2019年の会は、本来の主旨以上に、安倍総理個人の人気取りなのではないか。個人の人気取りのために税金から予算を出すのは、

“アベ政権による税金の私物化”

ではないか?
と問題になりました。

『桜を見る会』問題の政治家せいじかいちらん

安倍 晋三(あべ しんぞう)

山口県第やまぐちけんだい4

約束達成やくそくたっせいメーター

0