生殖医療民法特例法成立

生殖医療民法特例法とは、第三者から卵子や精子の提供を受けた生殖補助医療で生まれた子どもの親子関係を明確にする民法の特例を定めた法律です。

これまでの法律の『親子関係の定義』が想定していなかった“自分以外の卵子を使って出産した女性”など、生殖補助医療による出産がしやすくなりました。

生殖医療民法特例法成立の政治家せいじかいちらん

秋野 公造(あきの こうぞう)

比例区ひれいく

約束達成やくそくたっせいメーター

0