薬害肝炎救済法成立

出産や手術のときに輸血したさい、使った血液製剤にC型肝炎ウイルスが入っていたので、患者が肝臓の病気にかかってしまった事件が1960年ごろから何度もありました。

推定一万人が病気になってしまったこの『薬害肝炎事件』の被害者に、1200〜4000万円の給付金を支給することや、地方自治体の行う無料の肝炎検査の周知などを定めた法律が『薬害肝炎救済法』です。

薬害肝炎救済法成立の政治家せいじかいちらん

古屋 範子(ふるや のりこ)

南関東みなみかんとうブロック

約束達成やくそくたっせいメーター

調査中ちょうさちゅうです