御法川 信英(みのりかわ のぶひで)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 御法川みのりかわ 信英のぶひで
派閥はばつ 麻生派あそうは
誕生日たんじょうび 1964年05月25日
年齢ねんれい 56さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 秋田県あきたけん
選挙区せんきょく 秋田県第あきたけんだい3
当選回数とうせんかいすう 5かい
初当選はつとうせん 2003ねん11がつ
学歴がくれき

秋田県立横手高等学校普通科あきたけんりつよこてこうとうがっこうふつうか

慶應義塾大学法学部政治学科けいおうぎじゅくだいがくほうがくぶせいじがっか

コロンビア大学国際公共政策大学院だいがくこくさいこうきょうせいさくだいがくいん

職歴しょくれき

御法川英文議員公設第一秘書みのりかわひでふみぎいんこうせつだいいいちひしょ

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

愛煙連もくもく会パチンコ・チェーンストア協会世襲議員

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. 大転換期を迎えた秋田県農業を支えるため、農業を魅力ある成長分野に変え、農家の所得アップを実現します。若者が夢や未来を託すことができる農政新時代を切り拓いてまいります。
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。
政治家せいじか評価基準ひょうかきじゅんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 御法川みのりかわ 信英のぶひで 派閥はばつ 麻生派あそうは
誕生日たんじょうび 1964年05月25日 年齢ねんれい 56さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 秋田県あきたけん 選挙区せんきょく 秋田県第あきたけんだい3
当選回数とうせんかいすう 5かい 初当選はつとうせん 2003ねん11がつ
学歴がくれき

秋田県立横手高等学校普通科あきたけんりつよこてこうとうがっこうふつうか

慶應義塾大学法学部政治学科けいおうぎじゅくだいがくほうがくぶせいじがっか

コロンビア大学国際公共政策大学院だいがくこくさいこうきょうせいさくだいがくいん

職歴しょくれき

御法川英文議員公設第一秘書みのりかわひでふみぎいんこうせつだいいいちひしょ

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 大転換期を迎えた秋田県農業を支えるため、農業を魅力ある成長分野に変え、農家の所得アップを実現します。若者が夢や未来を託すことができる農政新時代を切り拓いてまいります。

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。

    2

  1. 核武装した北朝鮮との共存はあり得ません。外交努力や対話は重要ですが、核保有を認めてやるわけにはいきません。北朝鮮の脅しに屈せず、自衛隊を支え、日本を守ることができるのは自民党・公明党の連立政権しかありません。

今後の取り組みに期待します。

    3

  1. 子育て支援の充実と全世代型の社会保障への改革を行い、子供から高齢者まで、秋田に住んで良かったと実感し、安心できるふるさとを作っていきます。

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。

    4

  1. 秋田県では豪雨・地震・台風により、農産物被害・道路の寸断・家屋の浸水など大きな被害を受けました。道路復旧・河川改修を進め、被害に強い地域づくりに力を注いでいきます。

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >