木原 誠二(きはら せいじ)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

指を指しているアイコン 約束やくそくしたことはこちらから

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 木原きはら 誠二せいじ 派閥はばつ 岸田派きしだは
誕生日たんじょうび 1970年06月08日 年齢ねんれい 50さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 東京都 渋谷区とうきょうと しぶやく 選挙区せんきょく 東京都第とうきょうとだい20
当選回数とうせんかいすう 4かい 初当選はつとうせん 2005ねん9がつ
学歴がくれき

新宿区立戸塚第二小学校とりつとつかだいにしょうがっこう

武蔵中学校むさしちゅうがっこう

武蔵高等学校むさしこうとうがっこう

東京大学法学部とうきょうだいがくほうがくぶ

職歴しょくれき

財務官僚ざいむかんりょう

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 木原きはら 誠二せいじ
派閥はばつ 岸田派きしだは
誕生日たんじょうび 1970年06月08日
年齢ねんれい 50さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 東京都 渋谷区とうきょうと しぶやく
選挙区せんきょく 東京都第とうきょうとだい20
当選回数とうせんかいすう 4かい
初当選はつとうせん 2005ねん9がつ
学歴がくれき

新宿区立戸塚第二小学校とりつとつかだいにしょうがっこう

武蔵中学校むさしちゅうがっこう

武蔵高等学校むさしこうとうがっこう

東京大学法学部とうきょうだいがくほうがくぶ

職歴しょくれき

財務官僚ざいむかんりょう

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 現在は消費増税をする必要はない。
    順番は、①経済成長 ⇒②歳出効率化 ⇒③増税
    消費増税は、景気を見つつ、軽減税率など生活への配慮が必要。

今後の取り組みに期待します。

    2

  1. 外交・安保の基本は、自らが強さを持つこと。
    自らが強さを持つことで、相手も周囲も、無視できない、存在になります。ちなみに、尖閣・竹島・北方領土をめぐる最近の動向は、周辺国の一方的な行動によるものですが、日本の国力、強さが落ちてきていることが最大の要因です。
    ただし、例えば、テニス選手でもサーブが得意、ストロークが得意、ネットプレーが得意、とそれぞれ強さの特徴があるように、国も全てに強くなるのは難しく、その強さには国毎に特徴があります。
    平和憲法を持つ我が国は、やはり経済。経済大国として復活して初めて日本の国際社会での存在感を再確認することができます。
    その上で、限定的な集団的自衛権の容認などを通じた日本自身の防衛力向上が大切です。

今後の取り組みに期待します。

    3

  1. 年金は、過去の保険料の拠出実績が給付額に反映される仕組みになっていますが、問題は、国民一人一人が、この拠出実績を何らかの理由で積み重ねられない結果、低年金あるいは無年金となってしまうリスクにどう対応するかです。低所得の低年金者・無年金者に一定の給付を上積みするという(現在取組が始まっている)給付段階での対応も大切ですが、保険料拠出段階で、低所得者に対して一定の公的負担をすることも今後考えていく必要があります。

今後の取り組みに期待します。

    4

  1. 先ずは、待機児童の解消を目指して、引き続き保育の受け皿づくりに努める必要があります。具体的には、今後50万人分の受け皿整備を進めるとともに、放課後児童クラブの定員増にも取り組みます。
    また、引き続き幼児教育の無所化に取り組みます。先ずは、所得の低い世帯やひとり親世帯への支援拡充を進めます。加えて、給付型奨学金の創設に向けて検討を進めていきます。

今後の取り組みに期待します。

    5

  1. 政治に「霞が関」以外のシンクタンクを
    政策の「霞が関」独占状況を打破するには、政党にシンクタンク機能が不可欠です。政党交付金は、政党の選挙活動や広報活動に使わせるのではなく、英国同様に、野党のシンクタンク機能に使わせるよう、改正すべきです。

今後の取り組みに期待します。

    6

  1. 人数は少なくとも最強の政治家を
    衆議院480人、参議院242人、計722人の国会議員を衆参一院の400人(300選挙区、100比例)とし、数は少なくとも本物の政治を生んでいきます。

今後の取り組みに期待します。

    7

  1. 参議院を「御意見番院」に
    英国では、首相を終えた方は、次の選挙には出馬せず、貴族院に回ることが慣例となっています。サッチャー元首相も貴族院の終身議員です。

    一院制度への転換が難しい場合であっても、我が国も、参議院を「御意見番院」に衣替えして、首相・議長経験者、各界の有識者、文化勲章受章者、スポーツのメダリストなどに参加してもらえばいいのです。

今後の取り組みに期待します。

    8

  1. ネジレを乗り越え、決められる政治を
    更に、一院制の実現がすぐには難しい状況で、決められる政策を実現する方法として、第一に、両院協議会の仕組みを改めること

    両院の代表は、それぞれの院での各党の議席数に応じて割り振る
    衆参の定数は2倍の開きがあるのですから、例えば、衆議院の代表が10名なら、参議院の代表は5名とする。
    第二に、憲法上、予算に対する衆議院の議決の優越が定められているので、税法案や国債に関する法案など、予算に関連する重要な法案についても、慣例として、事実上の衆議院の優越を認めること。

    第三に、国会に有識者や学者などからなる独立性の高い法案調停委員会(仮称)を設置すること。

今後の取り組みに期待します。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >