古川 元久(ふるかわ もとひさ)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 古川ふるかわ 元久もとひさ
派閥はばつ
誕生日たんじょうび 1965年12月06日
年齢ねんれい 55さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 国民民主党こくみんみんしゅとう
出身地しゅっしんち 愛知県 名古屋市あいちけん なごやし
選挙区せんきょく 愛知県第あいちけんだい2
当選回数とうせんかいすう 8かい
初当選はつとうせん 1996ねん10がつ
学歴がくれき

愛知県立旭丘高等学校あいちけんりつあさひがおかこうとうがっこう

東京大学法学部とうきょうだいがくほうがくぶ

職歴しょくれき

財務官僚ざいむかんりょう

国家戦略担当大臣こっかせんりゃくたんとうだいじん

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

大臣経験者脱原発憲法9条改正反対TPP参加賛成ユーチューバー

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. 少子化、人口減少がこの国の最大の悩みです。しかし、これは、私からみればチャンス!一人、一人を今までよりもっと大事にできるのですから。
    この国の最大の資源は人です。ひとり一人の持つ才能を開花させ、その持つ能力を最大限発揮させるために必要なのは教育です。
    私は「教育の無償化」を進め、学びたい人は「誰でも、いつでも、何度でも」学ぶことのできる環境を作ります。
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

2019年10月から幼児教育無償化。高等教育も実質無償化を実現しました。
2020年4月から現行の給付型奨学金の額を大幅に増額した返済不要の給付型奨学金が始まりました。
大学、短期大学、高等専門学校、専門学校での学びを支援する新たな取り組みです。対象となるのは、一定の条件を満たし、国の確認を受けた学校に限られます。
さらなる成果に期待します。
国民一人ひとりが所得を上げるためのスキルを身に付けられるために、社会人になってからでも何度でも学び直せる(リカレント教育)社会体制にするために大きな予算が付きました。
・出口一体型地方創生人材養成システムの構築 25億円( 新 規 )
・リカレント・ファシリテート人材育成システム構築事業 4億円( 新 規 )
・ 専修学校リカレント教育総合推進プロジェクト 4億円( 1億円増)
政治家せいじか評価基準ひょうかきじゅんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 古川ふるかわ 元久もとひさ 派閥はばつ

調査中ちょうさちゅうです

誕生日たんじょうび 1965年12月06日 年齢ねんれい 55さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 国民民主党こくみんみんしゅとう
出身地しゅっしんち 愛知県 名古屋市あいちけん なごやし 選挙区せんきょく 愛知県第あいちけんだい2
当選回数とうせんかいすう 8かい 初当選はつとうせん 1996ねん10がつ
学歴がくれき

愛知県立旭丘高等学校あいちけんりつあさひがおかこうとうがっこう

東京大学法学部とうきょうだいがくほうがくぶ

職歴しょくれき

財務官僚ざいむかんりょう

国家戦略担当大臣こっかせんりゃくたんとうだいじん

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 少子化、人口減少がこの国の最大の悩みです。しかし、これは、私からみればチャンス!一人、一人を今までよりもっと大事にできるのですから。
    この国の最大の資源は人です。ひとり一人の持つ才能を開花させ、その持つ能力を最大限発揮させるために必要なのは教育です。
    私は「教育の無償化」を進め、学びたい人は「誰でも、いつでも、何度でも」学ぶことのできる環境を作ります。

2019年10月から幼児教育無償化。高等教育も実質無償化を実現しました。
2020年4月から現行の給付型奨学金の額を大幅に増額した返済不要の給付型奨学金が始まりました。
大学、短期大学、高等専門学校、専門学校での学びを支援する新たな取り組みです。対象となるのは、一定の条件を満たし、国の確認を受けた学校に限られます。
さらなる成果に期待します。
国民一人ひとりが所得を上げるためのスキルを身に付けられるために、社会人になってからでも何度でも学び直せる(リカレント教育)社会体制にするために大きな予算が付きました。
・出口一体型地方創生人材養成システムの構築 25億円( 新 規 )
・リカレント・ファシリテート人材育成システム構築事業 4億円( 新 規 )
・ 専修学校リカレント教育総合推進プロジェクト 4億円( 1億円増)

    2

  1. 高齢者の増加もまた、この国の大きな悩み。しかし、これも、私からみればチャンス!手間をかける余裕のある、経験豊かな“ハイセンスピープル”が増えているのですから。
    手間をかけるということ。それは子どもたちの学費や家のローン支払いに追われる世代には、なかなか難しいことです。これができる世代に、もっと社会の前線で活躍してもらいましょう。
    私は「定年制を廃止」し、「高齢者こそ余裕があって経験豊かなハイセンスピープル」として、生涯現役で社会に貢献できる環境を作ります。

2013年4月から「改正高年齢者雇用安定法」が改正されています。
この改正により、希望すれば65歳まで働き続けることが可能な世の中となりました(全企業で適用されるのは2025年から)。
ひとつ理想に近づきます。

    3

  1. ピンチをチャンスに変える原動力。それは「夢」です。
    夢があるからこそ、どんなに困難なことであってもチャレンジできる。この国が直面している数々の課題を克服する力は、私たちが夢を持つことから生まれてきます。
    私は、この国の「夢見る力」を支えたい。誰もが自分の夢を持ち、その夢の実現をめざして、チャレンジし続けることができる社会に・・・。
    そこに世界があこがれる日本の姿があります。

2019年10月から幼児教育無償化。高等教育も実質無償化を実現しました。
2020年4月から現行の給付型奨学金の額を大幅に増額した返済不要の給付型奨学金が始まりました。
大学、短期大学、高等専門学校、専門学校での学びを支援する新たな取り組みです。対象となるのは、一定の条件を満たし、国の確認を受けた学校に限られます。
さらなる成果に期待します。
国民一人ひとりが所得を上げるためのスキルを身に付けられるために、社会人になってからでも何度でも学び直せる(リカレント教育)社会体制にするために大きな予算が付きました。
・出口一体型地方創生人材養成システムの構築 25億円( 新 規 )
・リカレント・ファシリテート人材育成システム構築事業 4億円( 新 規 )
・ 専修学校リカレント教育総合推進プロジェクト 4億円( 1億円増)

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >