村井 英樹(むらい ひでき)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 村井むらい 英樹ひでき
派閥はばつ 岸田派きしだは
誕生日たんじょうび 1980年05月14日
年齢ねんれい 40さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 埼玉県さいたまけんさいたま
選挙区せんきょく 埼玉県第さいたまけんだい1
当選回数とうせんかいすう 3かい
初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

さいたま市立浦和別所小学校しりつうらわべっしょしょうがっこう

私立海城中学校しりつかいじょうちゅうがっこう

私立海城高等学校しりつかいじょうこうとうがっこう

東京大学教養学部とうきょうだいがくきょうようがくぶ

職歴しょくれき

財務官僚ざいむかんりょう

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

自民党若手三羽カラス核武装検討魔術師政策通対中強硬TPP参加賛成ユーチューバー

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. 小泉進次郎議員と「子育て支援」の抜本拡充を問題提起!
    子育て世帯の支援は、待ったなしの課題です。核家族化が進み、共働き世帯が一般的になるなど、子育て環境は大きく変化しました。
    子育ての第一義的貴任は 勿論家族にあるとしても、もはや子育てを「家族任せ」にできる時代は終わりました。
    今こそ、社会全体で子育てを支える方向に、大きく舵を切るべき時です。

    そして、我が国最大の課題である少子化を食い止め、経済活性化持続可能な社会保障を実現し、この国の閉塞感を打破していく。その思いで、小泉進次郎議員と二人三脚で活動を続けてきました。
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 村井むらい 英樹ひでき 派閥はばつ 岸田派きしだは
誕生日たんじょうび 1980年05月14日 年齢ねんれい 40さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 埼玉県さいたまけんさいたま 選挙区せんきょく 埼玉県第さいたまけんだい1
当選回数とうせんかいすう 3かい 初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

さいたま市立浦和別所小学校しりつうらわべっしょしょうがっこう

私立海城中学校しりつかいじょうちゅうがっこう

私立海城高等学校しりつかいじょうこうとうがっこう

東京大学教養学部とうきょうだいがくきょうようがくぶ

ハーバード大学大学院だいがくだいがくいん

職歴しょくれき

財務官僚ざいむかんりょう

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 小泉進次郎議員と「子育て支援」の抜本拡充を問題提起!
    子育て世帯の支援は、待ったなしの課題です。核家族化が進み、共働き世帯が一般的になるなど、子育て環境は大きく変化しました。
    子育ての第一義的貴任は 勿論家族にあるとしても、もはや子育てを「家族任せ」にできる時代は終わりました。
    今こそ、社会全体で子育てを支える方向に、大きく舵を切るべき時です。

    そして、我が国最大の課題である少子化を食い止め、経済活性化持続可能な社会保障を実現し、この国の閉塞感を打破していく。その思いで、小泉進次郎議員と二人三脚で活動を続けてきました。

今後の取り組みに期待します。

    2

  1. 全ての皆様に成長を実感して頂けるよう、更なる改革に取り組みます
    中小企業においても、大企業並みの賃上げを実現するための環境整備
    「消費者目線」、「生産者目線」の双方に立った新時代の農業の実現
    電力・ガス小売りの全面自由化を通じた家計負担の軽減

アベノミクスで狙った通りの結果が出ていたことを評価します。
今後の取り組みに期待します。

    3

  1. 「経済成長」・「歳出削減」・「最低限の増税」を組み合わせ、着実に財政再建に取り組みます

今後の取り組みに期待します。

    4

  1. 人生100年時代を見据えた社会保障改革を実現します
    勤労者全てが社会保険に加入できる仕組みの創設
    働くほど得をする年金制度改革
    健康管理のインセンティブを重視した医療改革

今後の取り組みに期待します。

    5

  1. 幼児教育・保育の無償化。待機児童の全面早期解消
    塾も留学費用も、教育関連費用は全て低利子奨学金の対象に
    グローバル人材育成のために実践的な英語教育や海外留学を促進

今後の取り組みに期待します。

    6

  1. 万が一に対する備えを自らの手と日米同盟で強化します。
    ミサイル迎撃システムを強化します。特に「陸上型イージス」等の新規アセットの導入に取り組みます。
    「平和安全法制」を活用して、万一の事態にも日米が連携して対応し、国民の生命・財産を守ります。

今後の取り組みに期待します。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >