高木 錬太郎(たかぎ れんたろう)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 高木たかぎ 錬太郎れんたろう
派閥はばつ かんグループ
誕生日たんじょうび 1972年07月21日
年齢ねんれい 48さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 立憲民主党りっけんみんしゅとう
出身地しゅっしんち 高知県 四万十市こうちけん しまんとし
選挙区せんきょく 北関東きたかんとうブロック
当選回数とうせんかいすう 1かい
初当選はつとうせん 2017ねん10がつ
学歴がくれき

土佐高等学校とさこうとうがっこう

中央大学法学部政治学科ちゅうおうだいがくほうがくぶせいじがっか

職歴しょくれき

ニチレイ従業員じゅうぎょういん

枝野幸男議員秘書えだのゆきおぎいんひしょ

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

選択的夫婦別姓賛成

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. まずはくらしの現場から!
    ・保育士・幼稚園教諭・放課後児童クラブ支援員の処遇改善
    ・介護職員等の処遇改善
    ・まずは保育園を増やそう
    ・長時間労働の規制
    ・認知症対策の強化
    ・診療報酬・介護報酬の引き上げ
    ・地域包括ケアシステムの更なる推進
    ・障がいのある人が安心して地域で自立した生活が営める社会の実現
    ・こんな時代だからこそ草の根経済を!
    ・地域コミュニティでお金が回る仕組みを全国津々浦々へ。
    ・エネルギーの地産地消
    ・中山間地域や田畑を守る経済システムの構築
    ・税の再分配機能強化
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 高木たかぎ 錬太郎れんたろう 派閥はばつ かんグループ
誕生日たんじょうび 1972年07月21日 年齢ねんれい 48さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 立憲民主党りっけんみんしゅとう
出身地しゅっしんち 高知県 四万十市こうちけん しまんとし 選挙区せんきょく 北関東きたかんとうブロック
当選回数とうせんかいすう 1かい 初当選はつとうせん 2017ねん10がつ
学歴がくれき

土佐高等学校とさこうとうがっこう

中央大学法学部政治学科ちゅうおうだいがくほうがくぶせいじがっか

職歴しょくれき

ニチレイ従業員じゅうぎょういん

枝野幸男議員秘書えだのゆきおぎいんひしょ

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. まずはくらしの現場から!
    ・保育士・幼稚園教諭・放課後児童クラブ支援員の処遇改善
    ・介護職員等の処遇改善
    ・まずは保育園を増やそう
    ・長時間労働の規制
    ・認知症対策の強化
    ・診療報酬・介護報酬の引き上げ
    ・地域包括ケアシステムの更なる推進
    ・障がいのある人が安心して地域で自立した生活が営める社会の実現
    ・こんな時代だからこそ草の根経済を!
    ・地域コミュニティでお金が回る仕組みを全国津々浦々へ。
    ・エネルギーの地産地消
    ・中山間地域や田畑を守る経済システムの構築
    ・税の再分配機能強化

今後の取り組みに期待します。

    2

  1. 子どもたちの育ちを支えます!
    ・児童手当・高校等授業料無償化ともに所得制限の廃止
    ・お金のかかからない公教育へ
    ・奨学金の拡充
    ・いじめ・自殺対策
    ・貧困の連鎖を断ち切る教育生活支援
    ・虐待防止対策の強化
    ・ひとり親家庭への支援の拡充

今後の取り組みに期待します。

    3

  1. 将来のために今できることを!
    ・財政再建
    ・アベノミクスの徹底検証
    ・首都直下地震対策
    ・南海トラフ地震対策
    ・火山対策
    ・アジア諸国との議員外交
    ・現実的な原発ゼロに向けて前進を
    ・不断の行政事業見直し
    ・司法制度改革
    ・草の根外交(文化交流・民間外交)を後押し

今後の取り組みに期待します。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >