石川 博崇(いしかわ ひろたか)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

指を指しているアイコン 約束やくそくしたことはこちらから

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 石川いしかわ 博崇ひろたか 派閥はばつ

調査中ちょうさちゅうです

誕生日たんじょうび 1973年09月12日 年齢ねんれい 47さい
所属議院しょぞくぎいん さん議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 公明党こうめいとう
出身地しゅっしんち 大阪府 豊中市おおさかふ とよなかし 選挙区せんきょく 大阪府おおさかふ
当選回数とうせんかいすう 2かい 初当選はつとうせん 2010ねん7がつ
学歴がくれき

関西創価高等学校かんさいそうかこうとうがっこう

創価大学工学部生物工学科そうかだいがくこうがくぶせいぶつこうがくか

職歴しょくれき

外務官僚がいむかんりょう

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 石川いしかわ 博崇ひろたか
派閥はばつ
誕生日たんじょうび 1973年09月12日
年齢ねんれい 47さい
所属議員しょぞくぎいん さん議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 公明党こうめいとう
出身地しゅっしんち 大阪府 豊中市おおさかふ とよなかし
選挙区せんきょく 大阪府おおさかふ
当選回数とうせんかいすう 2かい
初当選はつとうせん 2010ねん7がつ
学歴がくれき

関西創価高等学校かんさいそうかこうとうがっこう

創価大学工学部生物工学科そうかだいがくこうがくぶせいぶつこうがくか

職歴しょくれき

外務官僚がいむかんりょう

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 2019年のラグビーワールドカップ、20年の東京五輪・パラリンピックを見据え、
    来阪する外国人観光客数1500万人、旅行消費額1兆円の達成に向けて全力を挙げていきます。

20年の東京五輪・パラリンピックは残念ながらコロナウイルス蔓延による自粛のために延期されてしまいましたが、来年頑張っていただきたいです。

    2

  1. 中小企業の生産性を高めるため、設備投資などへの税制優遇や下請け取引の条件改善などを
    推し進めるとともに、海外展開をめざす企業への支援策の充実に努めていきます。

創業10年未満・未上場のベンチャー企業に対する1,000万円以上の
出資について、25%の所得控除を講ずる。
働き⽅改⾰を踏まえた企業の事務負担の軽減のため、た消費税の申告期限を1ヶ⽉延⻑する特例を新たに設ける。
など沢山の手を打った点は評価できます。

    3

  1. 同じ仕事には同じ賃金を支払う「同一労働同一賃金」を実現し、
    正社員の6割程度である非正規労働者の時間当たり賃金を、8割程度に引き上げます。

今後に期待します。

    4

  1. 隙間のない防衛体制を構築して抑止力を高めると共に、国際社会の平和と安定へ、対話や交流を通じた「平和外交」で各国との信頼の構築、友好拡大をさらに推し進めてまいります。

安倍政権は一国のみで平和主義を貫くのでは無く、価値観を共有できる国同士で強調して国際秩序を保つという考え方の『積極的平和主義』を掲げていました。見方によっては大国間の争いに巻き込まれることを危険視することもできますが、軍事費を年々増強して拡大の意図を強める中国に対して多くの国で協調して封じ込めに当たることは効果的だと考えられます。
安倍政権が多くの国と協調しようと外交していたことを評価します。

    5

  1. 長時間労働の是正や短時間勤務、時間や場所にとらわれず柔軟に働ける「テレワーク」の導入など
    多様な働き方を推進します。

政治努力が身を結んだというのとは少し違うのですが、コロナウィルスの蔓延が多様な働き方や個人が休みたいときに休暇申請できる空気を後押ししています。

    6

  1. 消費税の軽減税率や幼児教育の無償化、待機児童の解消、子ども医療費無料化を推し進め、
    経済的格差と真正面から向き合います。

経済的に困窮する学生を支援するため、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 の創設が、5月19日に閣議決定され、手続きがスタートしました。新型コロナウイルス感染症拡大による影響に後押しされる格好で奨学型給付金が実現しています。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >