片山 大介(かたやま だいすけ)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 片山かたやま 大介だいすけ
派閥はばつ
誕生日たんじょうび 1966年10月06日
年齢ねんれい 54さい
所属議員しょぞくぎいん さん議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 日本維新にほんいしんかい
出身地しゅっしんち 岡山県 笠岡市おかやまけん かさおかし
選挙区せんきょく 兵庫県ひょうごけん
当選回数とうせんかいすう 1かい
初当選はつとうせん 2016ねん7がつ
学歴がくれき

東京都世田谷区立船橋小学校とうきょうとせたがやくりつふなばししょうがっこう

東京都世田谷区立船橋中学校とうきょうとせたがやくりつふなばしちゅうがっこう

東京都立青山高等学校とうきょうとりつあおやまこうとうがっこう

慶應義塾大学理工学部けいおうだいがくぎじゅくだいがくりこうがくぶ

職歴しょくれき

NHK記者きしゃ

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

核武装反対憲法9条改正賛成緊急事態条項創設賛成TPP参加賛成

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. 国会議員はじめ、全国の議員に与えられている特権をなくしていきます。
    特に議員報酬の2割削減、議員定数の3割削減を目指します。
    さらに、国と地方公務員の人件費をそれぞれ2割削減するほか、二重行政や無駄を指摘されている国の地方出先機関を廃止・縮小していきます。
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

歳費を削ること自体が良い事なのかは賛否が分かれますが、維新の会は歳費(国会議員に国家が支給する一年間の手当)を2割削減して姿勢を示しています。
政治家せいじか評価基準ひょうかきじゅんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 片山かたやま 大介だいすけ 派閥はばつ

調査中ちょうさちゅうです

誕生日たんじょうび 1966年10月06日 年齢ねんれい 54さい
所属議院しょぞくぎいん さん議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 日本維新にほんいしんかい
出身地しゅっしんち 岡山県 笠岡市おかやまけん かさおかし 選挙区せんきょく 兵庫県ひょうごけん
当選回数とうせんかいすう 1かい 初当選はつとうせん 2016ねん7がつ
学歴がくれき

東京都世田谷区立船橋小学校とうきょうとせたがやくりつふなばししょうがっこう

東京都世田谷区立船橋中学校とうきょうとせたがやくりつふなばしちゅうがっこう

東京都立青山高等学校とうきょうとりつあおやまこうとうがっこう

慶應義塾大学理工学部けいおうだいがくぎじゅくだいがくりこうがくぶ

早稲田大学大学院わせだだいがくだいがくいん

職歴しょくれき

NHK記者きしゃ

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 国会議員はじめ、全国の議員に与えられている特権をなくしていきます。
    特に議員報酬の2割削減、議員定数の3割削減を目指します。
    さらに、国と地方公務員の人件費をそれぞれ2割削減するほか、二重行政や無駄を指摘されている国の地方出先機関を廃止・縮小していきます。

歳費を削ること自体が良い事なのかは賛否が分かれますが、維新の会は歳費(国会議員に国家が支給する一年間の手当)を2割削減して姿勢を示しています。

    2

  1. すべてが東京で決まる今の仕組みを改めていきます。
    そして、将来の多極化(道州制)を実現していきます。
    人口減少時代の今、国からの上意下達ではなく、「地方分権」で権限や財源を地方自治体に渡していくことが必要です。
    そのうえで、地方や個人の創意工夫による社会全体の活性化を促します。

東京一極集中は未だ続いています。人が多いところでは、人が多いから成立する仕事が生まれるので就職口が多くなります。
コロナウイルスの流行で飲食店などが立ち行かなくなり失業者が増えると働く先を求めてますます人口は東京に集中すると予測されます。

    3

  1. 子どもの意欲・能力に応じて教育の機会が平等に与えられる、当たり前の社会を目指していきます。
    維新の考える教育無償化は、保育所から大学・大学院までです。
    これを、憲法に盛り込むことで、教育にたいする不安をなくします。
    また、塾などに頼らずに、学校で十分な教育が提供できる仕組みを確立し、塾がない地方でも安心して移住できるようにしていきます。

歳費を削ること自体が良い事なのかは賛否が分かれますが、維新の会は歳費(国会議員に国家が支給する一年間の手当)を2割削減して姿勢を示しています。

    4

  1. 受益と負担の公平を確保する「税制度」や、持続可能な「社会保障制度」を構築していきます。
    年金制度は「払い損」がない、世代間で公平な積立方式への移行を目指します。
    就労の機会平等を保障するとともに、真の同一労働・同一賃金を実現し、正規・非正規に関係なく年収400万円を目指していきます。

歳費を削ること自体が良い事なのかは賛否が分かれますが、維新の会は歳費(国会議員に国家が支給する一年間の手当)を2割削減して姿勢を示しています。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >