新谷 正義(しんたに まさよし)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

指を指しているアイコン 約束やくそくしたことはこちらから

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 新谷しんたに 正義まさよし 派閥はばつ 竹下派たけしたは
誕生日たんじょうび 1975年03月08日 年齢ねんれい 46さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 広島県 東広島市ひろしまけん ひがしひろしまし 選挙区せんきょく 広島県第ひろしまけんだい4
当選回数とうせんかいすう 3かい 初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

愛光高等学校あいこうこうとうがっこう

帝京大学医学部ていきょうだいがくいがくぶ

東京大学経済学部経営学科とうきょうだいがくけいざいがくぶけいえいがっか

職歴しょくれき

医療法人晴生会理事長いりょうほうじんせいせいかいりじちょう

医師いし

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 新谷しんたに 正義まさよし
派閥はばつ 竹下派たけしたは
誕生日たんじょうび 1975年03月08日
年齢ねんれい 46さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 広島県 東広島市ひろしまけん ひがしひろしまし
選挙区せんきょく 広島県第ひろしまけんだい4
当選回数とうせんかいすう 3かい
初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

愛光高等学校あいこうこうとうがっこう

帝京大学医学部ていきょうだいがくいがくぶ

東京大学経済学部経営学科とうきょうだいがくけいざいがくぶけいえいがっか

職歴しょくれき

医療法人晴生会理事長いりょうほうじんせいせいかいりじちょう

医師いし

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 新型コロナウイルス対策に全力を挙げるとともに、毎年3000人の命を奪うHPVやインフルエンザといった感染症から国民の命を守るため、水際対策や予防接種の開発・普及に取り組んで参ります。

PCR検査をもっとやるべきではないか、政府の発表するデータが疑わしい、といった意見もありますが、未知のウイルス感染症対策として先例のない中で、国民全員に10万円給付など思いきった政策を打ち出した点は評価できるポイントです。

    2

  1. 人口の高齢化は進み、医療ニーズはますます高まってきており、地域医療を守っていかなくてはなりません。全ての世代が安心して暮らせるよう、医師偏在の解消、地域医療や介護の確保に全力で取り組みます。

年々医師の数は増えていますが、都会にみんな集まってしまって地方の医師の数が足りない状況です。
医師が地方に行くことがメリットとなるような仕組みを作ることが必要です。

    3

  1. 実行性のある避難体制、地域に合った対策といった事前防災・減災対策を計画的かつ集中的に実施する必要性があります。

2017年に土砂災害防止法が施行され、浸水想定区域や土砂警戒区域内の管理者等は、避難確保計画の作成や避難訓練を行うことが義務化されました。これにより災害被害を小さくできるかもしれません。

    4

  1. 幼児教育・保育の無償化を大きく進めて参ります。
    無償化を推し進めるとともに、待機児童の解消を実現します。

2020年には幼児教育と高校教育の無償化が達成されています。

    5

  1. 我が国の競争力の源泉である中小企業・小規模事業者の発展を継続できるよう様々な視点で取り組んで参ります。また、生産性を高める支援の政策を推し進めます。

コロナウイルスの蔓延で中小事業者には特に厳しい時勢ですが、各種支援の枠組みを作ったことと、持続化給付金を決めた点は評価できます。

    6

  1. 農作物の付加価値を高め、農業、農村の魅力が高まるよう、力を尽くします。
    農業の担い手を確保し、若い方が希望をもって農業に臨めるような政策を推進します。

農作物はその成果物(果物や野菜やヘタ)を地面に植えると結構簡単に新しい実が採れてしまいます。
せっかく付加価値の高い作物を品種改良して作っても、商品からコピーされてしまったら品種改良する手間のかけ損です。なので日本には音楽の作曲家のように、品種の育成者の権利を守る仕組みが必要なのですが、現在のところその仕組みはうまく機能していません。

農家が後継者不足で廃業する話はよく聞きます。実際に農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。

    7

  1. 核開発、ミサイル発射を続ける北朝鮮を断じて容認することはできません。
    これらをやめさせるべく、国際社会とともに毅然とした対応をとって参ります。

相変わらず定期的に北朝鮮はミサイルを飛ばし続けています。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >