高野 光二郎(たかの こうじろう)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 高野たかの 光二郎こうじろう
派閥はばつ 麻生派あそうは
誕生日たんじょうび 1974年09月30日
年齢ねんれい 46さい
所属議員しょぞくぎいん さん議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 高知県 高知市愛宕山こうちけん こうちしあたごやま
選挙区せんきょく 徳島県とくしまけん高知県こうちけん
当選回数とうせんかいすう 3かい
初当選はつとうせん 2013ねん7がつ
学歴がくれき

東京農業大学とうきょうのうぎょうだいがく

職歴しょくれき

河野洋平議員秘書こうのようへいぎいんひしょ

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

外国人地方参政権反対核武装反対憲法9条改正賛成死刑制度賛成消費増税賛成靖国参拝OK!ユーチューバー

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. きめ細かく“生産”から“販売”までを徹底支援。国内外への販路開拓、付加価値向上による「儲かる農林水産業」の実現と共に、教育機関と連携を強化して、より専門性の高い人材育成を強化します。AIを活用したスマート化も推進し、第一次産業と関連機関、他産業との連携強化でイノベーションを起こし、持続的な基幹・成長産業に位置づけ、成果を出します。ふるさと日本の山・川・海を守ります。
    再生可能エネルギーの着実な普及と温室効果ガスの排出抑制で自然環境を次代に繋げます。
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

農作物はその成果物(果物や野菜やヘタ)を地面に植えると結構簡単に新しい実が採れてしまいます。 せっかく付加価値の高い作物を品種改良して作っても、商品からコピーされてしまったら品種改良する手間のかけ損です。なので日本には音楽の作曲家のように、品種の育成者の権利を守る仕組みが必要なのですが、現在のところその仕組みはうまく機能していません。
国産の木材の供給は増加傾向、国と事業者が協力してドローンやITを活用した『スマート林業』に挑戦中です。
政治家せいじか評価基準ひょうかきじゅんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 高野たかの 光二郎こうじろう 派閥はばつ 麻生派あそうは
誕生日たんじょうび 1974年09月30日 年齢ねんれい 46さい
所属議院しょぞくぎいん さん議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 高知県 高知市愛宕山こうちけん こうちしあたごやま 選挙区せんきょく 徳島県とくしまけん高知県こうちけん
当選回数とうせんかいすう 3かい 初当選はつとうせん 2013ねん7がつ
学歴がくれき

東京農業大学とうきょうのうぎょうだいがく

職歴しょくれき

河野洋平議員秘書こうのようへいぎいんひしょ

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. きめ細かく“生産”から“販売”までを徹底支援。国内外への販路開拓、付加価値向上による「儲かる農林水産業」の実現と共に、教育機関と連携を強化して、より専門性の高い人材育成を強化します。AIを活用したスマート化も推進し、第一次産業と関連機関、他産業との連携強化でイノベーションを起こし、持続的な基幹・成長産業に位置づけ、成果を出します。ふるさと日本の山・川・海を守ります。
    再生可能エネルギーの着実な普及と温室効果ガスの排出抑制で自然環境を次代に繋げます。

農作物はその成果物(果物や野菜やヘタ)を地面に植えると結構簡単に新しい実が採れてしまいます。 せっかく付加価値の高い作物を品種改良して作っても、商品からコピーされてしまったら品種改良する手間のかけ損です。なので日本には音楽の作曲家のように、品種の育成者の権利を守る仕組みが必要なのですが、現在のところその仕組みはうまく機能していません。
国産の木材の供給は増加傾向、国と事業者が協力してドローンやITを活用した『スマート林業』に挑戦中です。

    2

  1. 南海トラフ巨大地震を筆頭に、頻発する災害への事前防災・減災施策を、スピード感を持って着実に推進します。更に「事前の復旧、復興対策」を充実・強化させます。
    国土強靱化計画や最先端の災害予知・予測の技術開発、自衛隊・海上保安庁・消防行政など公助力の強化による「災害から復興まで」一貫した防災体制と施策で、国民の命を守ります。

政府は2020年度補正予算に生産拠点の国内回帰を促す補助金として2200億円を設定しました。コロナ危機でマスク等の輸入がうまくいかなかったことで、中国内に工場を置くことのリスクを再認識したためです。
生産工場が日本に戻ってきたら、作業者たちに技術が蓄積されて『ものづくり』日本になれる可能性があります。

    3

  1. 2019年10月から、保育・幼児教育、私立高校授業料の実質無償化を実施します。2020年4月からは、低所得者世代を対象とする授業料減免や給付型奨学金支給など、全世代型社会保障の充実・強化を促進します。女性、高齢者、障がい者、誰もが生きがいを持て、家庭や家族を大切にできる社会の構築を目指します。

農作物はその成果物(果物や野菜やヘタ)を地面に植えると結構簡単に新しい実が採れてしまいます。 せっかく付加価値の高い作物を品種改良して作っても、商品からコピーされてしまったら品種改良する手間のかけ損です。なので日本には音楽の作曲家のように、品種の育成者の権利を守る仕組みが必要なのですが、現在のところその仕組みはうまく機能していません。
国産の木材の供給は増加傾向、国と事業者が協力してドローンやITを活用した『スマート林業』に挑戦中です。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >