山田 太郎(やまだ たろう)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

指を指しているアイコン 約束やくそくしたことはこちらから

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 山田やまだ 太郎たろう 派閥はばつ 表現ひょうげん自由じゆうまもかい
誕生日たんじょうび 1967年05月12日 年齢ねんれい 54さい
所属議院しょぞくぎいん さん議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 東京都大田区とうきょうとおおたく 選挙区せんきょく 比例区ひれいく
当選回数とうせんかいすう 2かい 初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

麻布中学校あざぶちゅうがっこう

麻布高等学校あざぶこうとうがっこう

慶應義塾大学経済学部けいおうぎじゅくだいがくけいざいがくぶ

職歴しょくれき

TBSラジオ制作せいさく

アンダーセンコンサルティング

バーンジャパン

日本にほんIBM

ネクステック創業

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 山田やまだ 太郎たろう
派閥はばつ 表現ひょうげん自由じゆうまもかい
誕生日たんじょうび 1967年05月12日
年齢ねんれい 54さい
所属議員しょぞくぎいん さん議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 東京都大田区とうきょうとおおたく
選挙区せんきょく 比例区ひれいく
当選回数とうせんかいすう 2かい
初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

麻布中学校あざぶちゅうがっこう

麻布高等学校あざぶこうとうがっこう

慶應義塾大学経済学部けいおうぎじゅくだいがくけいざいがくぶ

職歴しょくれき

TBSラジオ制作せいさく

アンダーセンコンサルティング

バーンジャパン

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 自由で寛容な社会と表現の自由を守る

    海賊版への対応
    マンガやアニメが海賊版によって大きな経済的損失を被っています。ブロッキングやダウンロード違法化など、ダウンロード側への対応が唯一の方法ではありません。海賊版のアップロード側への対応が重要です。アップロード側の責任を明らかにするために、プロバイダー責任制限法の改正や開示請求の裁判所の意思決定の迅速化が必要です。権利保護か利用促進か、拙速に答えを出すのではなく表現の自由を重視しバランスよく対策していく必要があります。

    パロディや二次創作の合法化
    創作文化にとって重要な存在であるパロディや二次創作が日本では著作権法上、曖昧な立場におかれています。今後の裁判の結果次第では、パロディ、二次創作、同人活動、コスプレ等が大きな影響を受けます。原作者や原作、その関係者の経済的利益をしっかり守りながら、パロディや二次創作の完全合法化をして、安心して創作活動ができる環境を整えることを検討すべきです。

    日本文化への外国圧力に対抗
    近年、日本のマンガ・アニメ・ゲームの表現に規制を掛けるべきとの国連など、海外から日本への働きかけが活発です。しかし、日本独自の文化に対して、欧米などから価値観の違いを押し付けられるべきではないと考えています。現に、浮世絵などは海外で高い評価を受けています。人権はグローバルであったとしても、文化はローカルであるべきだと考えます。

    クリエイターの低賃金・長時間労働待遇の見直し
    アニメの動画職は、平均年収が130万円程度、毎日の平均労働時間が11時間以上との調査結果があります。労働基準法と下請法の法的な抜け穴に置かれているからです。一方、アニメーション全体の売上が制作者に公正に配分されない問題なども指摘されています。法改正やガイドラインの厳格化、アニメ制作プロジェクト管理の適正化の支援も行っていく必要があります。

    メディア芸術センター創設
    マンガ・アニメ・ゲームは、一度、制作が終わると、その原画やソフトウエア―の全てを完全に保存するということが非常に難しいのが現状です。「メディア芸術センター」を国立国会図書館の支部機関として創設し、日本のメディアアートや商業芸術などをアーカイブ(収集、保存)し修復、展示、調査研究、情報提供、人材育成と交流等に役立たせていきます。日本のコンテンツ産業を、世界を相手に戦っていける成長産業につなげる、その拠点としての役割を担うことになるでしょう。

今後の取り組みに期待します。

    2

  1. 100cmからの優しい社会の実現

    児童虐待の痛ましい事件が立て続けに起こっています。児童相談所と警察の連携が叫ばれていますが、虐待や児童養護で第一に守るべきなのは、傷ついた子どもであって、虐待した親などを罰するのが第一義ではありません。そして、虐待された子どもを施設に送れば問題が解決するのではありません。その子をどうやって保護し、育てていくのかが重要です。

    知的障がい者のカレッジ設立
     これからの日本社会は、障がい者と健常者が社会の中でお互いに共生していく「皆働(かいどう)社会」の実現が必要です。障がいには知的・精神・心身の3種類がありますが、知的障がい者がより社会に溶け込むことが難しいとされています。この知的障がい者の共生と自立に向け、積極的な教育と雇用の新しい仕組みの支援の必要性があります。

     知的障がい者の中にも、特化した才能があるのに発揮する場、自覚する場を持てないでいる人がいます。知的障がい者が特別支援学校を出て就職する前に、就業支援とは別に通える「知的障がい者のカレッジ(福祉型教育支援の大学)」を創設し、自分の得意分野を見つけ、自信を持つ教育を受けてから就職する流れを作るべきです。その第一歩として、国公立大学で知的障がい者向けのクラスを作り、一定量の知的障がい者を受け入れ、健常者とも共に学ぶ機会をつくることから始めるべきです。

今後の取り組みに期待します。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >