伊佐進一(いさしんいち)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 伊佐いさ 進一しんいち
派閥はばつ
誕生日たんじょうび 1974年12月10日
年齢ねんれい 46さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 公明党こうめいとう
出身地しゅっしんち 大阪府おおさかふ
選挙区せんきょく 大阪府第おおさかふだい6
当選回数とうせんかいすう 3かい
初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

守口市立佐太小学校もりぐちしりつさたしょうがっこう

洛南高等学校附属中学校らくなんこうとうがっこうふぞくちゅうがっこう

洛南高等学校らくなんこうとうがっこう

東京大学工学部航空宇宙工学科とうきょうだいがくこうがくぶこうくううちゅうこうがくか

職歴しょくれき

文部科学省職員もんぶかがくしょうがくいん

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

GIGAスクール対話外交

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. 家庭の経済格差によって、教育の格差が生まれるような社会となってはいけません。

    幼児教育の無償化に着実に取り組んで行きます。

    また返済の必要のない、「給付型奨学金」の創設を目指します。
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

経済的に困窮する学生を支援するため、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 の創設が、5月19日に閣議決定され、手続きがスタートしました。

新型コロナウイルス感染症拡大による影響に後押しされる格好で奨学型給付金が実現しています。
政治家せいじか評価基準ひょうかきじゅんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 伊佐いさ 進一しんいち 派閥はばつ

調査中ちょうさちゅうです

誕生日たんじょうび 1974年12月10日 年齢ねんれい 46さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 公明党こうめいとう
出身地しゅっしんち 大阪府おおさかふ 選挙区せんきょく 大阪府第おおさかふだい6
当選回数とうせんかいすう 3かい 初当選はつとうせん 2012ねん12がつ
学歴がくれき

守口市立佐太小学校もりぐちしりつさたしょうがっこう

洛南高等学校附属中学校らくなんこうとうがっこうふぞくちゅうがっこう

洛南高等学校らくなんこうとうがっこう

東京大学工学部航空宇宙工学科とうきょうだいがくこうがくぶこうくううちゅうこうがくか

職歴しょくれき

文部科学省職員もんぶかがくしょうがくいん

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 家庭の経済格差によって、教育の格差が生まれるような社会となってはいけません。

    幼児教育の無償化に着実に取り組んで行きます。

    また返済の必要のない、「給付型奨学金」の創設を目指します。

経済的に困窮する学生を支援するため、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 の創設が、5月19日に閣議決定され、手続きがスタートしました。

新型コロナウイルス感染症拡大による影響に後押しされる格好で奨学型給付金が実現しています。

    2

  1. GIGAスクール構想で生徒に一人一台のデジタル端末を。

2023年をめどに実施予定だった『GIGAスクール構想』がコロナウイルスの蔓延によって前倒しされ、2020年本年度からスタートすることになりました。
これにより2023年度までにすべての小中学校に「一人一台PC端末」「校内無線ネットワーク環境」の整備が義務づけられます。

伊佐議員はGIGAスクールの委員会長であるので、これからの采配に期待です。

    3

  1. 最低賃金を「1000円」まで引き上げます

経済的に困窮する学生を支援するため、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 の創設が、5月19日に閣議決定され、手続きがスタートしました。

新型コロナウイルス感染症拡大による影響に後押しされる格好で奨学型給付金が実現しています。

    4

  1. 日本のエネルギーの将来を考えたときに、太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーだけではエネルギー需要を満たすことは困難です。なぜなら天候に供給電力が左右されるからです。それを補うためには、常にバックアップとして稼働可能な火力発電を自然エネルギーに見合った分だけ維持し続けなければいけません。

    いくらクリーンなエネルギーだといっても、自然条件によって左右される自然エネルギーだけでは、国民の生活を守ることはできません。

    今の日本の電気システムでは、夏の暑い日(冷房)や真冬日(暖房)など、電力需要が増える時には火力発電の火力を強めて発電量を増やします。

    逆に電力需要が少ない時には、火力発電の火を落とします。
    つまり、必要な時に必要な分だけ発電することとなっていて、電気を「溜める」ことができません。
    そこで供給電力に余裕のある時期に電気を溜めて置けるような『超大型蓄電池』の技術開発に力を入れていきます。

経済的に困窮する学生を支援するため、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』 の創設が、5月19日に閣議決定され、手続きがスタートしました。

新型コロナウイルス感染症拡大による影響に後押しされる格好で奨学型給付金が実現しています。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >