鈴木 貴子(すずき たかこ)

約束達成率やくそくたっせいりつ

0

とくちょうグラフ

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 鈴木すずき 貴子たかこ
派閥はばつ 竹下派たけしたは
誕生日たんじょうび 1986年01月05日
年齢ねんれい 35さい
所属議員しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん
所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 北海道ほっかいどう
選挙区せんきょく 北海道ほっかいどうブロック
当選回数とうせんかいすう 3かい
初当選はつとうせん 2013ねん5がつ
学歴がくれき

北海道教育大学ほっかいどうきょういくだいがく
  附属釧路小学校ふぞくくしろしょうがっこう

ロックリッジ高等学校こうとうがっこう

トレント大学だいがく

職歴しょくれき

NHKディレクター

付箋のイラスト注目ちゅうもくポイント

選択的夫婦別姓賛成議員定数削減賛成核武装反対パチンコ・チェーンストア協会ロシアとのパイプ世襲議員鈴木宗男の娘TPP参加反対ユーチューバー

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

    1

  1. 離農食い止め、担い手対策、経営基盤の維持強化のため、家族経営など個人で活用し易い支援の拡充
  2. 約束やくそくしたことの出典しゅってんについてはこちら >

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。
政府の離農対策は若者を呼び込んでいますが、家族経営よりは法人経営に手厚いようです。
政治家せいじか評価基準ひょうかきじゅんについてはこちら >

人物をイメージしたイラストプロフィール

名前なまえ 鈴木すずき 貴子たかこ 派閥はばつ 竹下派たけしたは
誕生日たんじょうび 1986年01月05日 年齢ねんれい 35さい
所属議院しょぞくぎいん しゅう議院ぎいん 所属政党しょぞくせいとう 自由民主党じゆうみんしゅとう
出身地しゅっしんち 北海道ほっかいどう 選挙区せんきょく 北海道ほっかいどうブロック
当選回数とうせんかいすう 3かい 初当選はつとうせん 2013ねん5がつ
学歴がくれき

北海道教育大学ほっかいどうきょういくだいがく
  附属釧路小学校ふぞくくしろしょうがっこう

ロックリッジ高等学校こうとうがっこう

トレント大学だいがく

職歴しょくれき

NHKディレクター

握手しているイラスト約束やくそくしたこと

約束やくそくしたことのお取り扱いについてはこちら > 

    1

  1. 離農食い止め、担い手対策、経営基盤の維持強化のため、家族経営など個人で活用し易い支援の拡充

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。
政府の離農対策は若者を呼び込んでいますが、家族経営よりは法人経営に手厚いようです。

    2

  1. 観光振興による地域活性

コロナ危機が観光振興の障害となって効果を挙げられていません。

    3

  1. 原発再稼働阻止、原発の代替エネルギー確保のため、ロシアとの戦略的提携を推進
    燃油価格高騰対策並びに安定的かつ安価なエネルギー確保のため、ロシア・サハリンと北海道間にパイプラインを敷設。
    エネルギー供給強化のため釧路コールマインの事業継続及び国家エネルギー政策への格上げ

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。
政府の離農対策は若者を呼び込んでいますが、家族経営よりは法人経営に手厚いようです。

    4

  1. 地域・学校・福祉・医療の連携強化で格差のない特別支援教育の実施

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。
政府の離農対策は若者を呼び込んでいますが、家族経営よりは法人経営に手厚いようです。

    5

  1. 先住民族であるアイヌ民族の権利の確立、文化の振興、また経済的自立を促進。

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。
政府の離農対策は若者を呼び込んでいますが、家族経営よりは法人経営に手厚いようです。

    6

  1. 議員定数の削減

農業生産法人として認められることで、一般企業では考えられないほど有利な農業系の融資や助成金を使えるので、株式会社の農家は過去3年で倍増しました。
農業就業人口全体で見るとその数は大きく減少・高齢化が進んでいますが、「49歳以下の新規就農者」に絞って見ると実は増加傾向にあります。
これは個人経営の農家は減ってきているけれど、法人で企業として農業に参入してくる経営体が増えてきたので、”サラリーマン”として農業が出来る働き先が増えたことが、若者の就農が増えた要因の一つと言われています。
政府の離農対策は若者を呼び込んでいますが、家族経営よりは法人経営に手厚いようです。

政治家せいじか.comではよりよい情報じょうほうをみなさんにおつたえしたいとかんがえています。
掲載内容けいさいないようについてご意見いけんがあればコメントに書込かきこみください。
内容ないようをかくにんして更新こうしんしていきます。

コメントのアイコンみんなのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントポリシーをまもってコメントしてください

コメントポリシーはこちら >